脂肪注入のデメリット

安全な方法にもリスクはあるもの

リスクが少ないことで知られる、脂肪注入による豊胸手術。吸引した自分の脂肪を胸に移すため、異物を胸に挿入する豊胸手術よりもはるかに安全性が高いと言われています。自然なバストの形や柔らかさが保てるというメリットもありますが、安全と思われる脂肪注入にもリスクはあるもの。まず、感染のリスクが全くないとは言い切ることができません。比較的小さな傷しか残らない脂肪注入であっても、傷口から細菌が侵入する可能性を完全に排除することはできないのです。 体内の脂肪が少ない人だと、脂肪注入には不向きなケースも。バストに注入する脂肪を採取するためには、本人が痩せすぎていない体型であることが大前提です。また、脂肪注入による豊胸手術は、安全性の高い施術であるがゆえに、注入した脂肪が体内に吸収されやすくバストの大きさをキープできないというデメリットも抱えています。

危険な脂肪注入を避けるために

安全な脂肪注入を受けるためにも、リスクの低い手術方法を知っておきたいですね。安全性に配慮されたクリニックでは、ゆっくり丁寧に脂肪の注入が施されます。理想のバストに近づけるために、複数回の手術と長期の経過観察を重ねるクリニックも珍しくありません。逆に一回の脂肪注入だけで施術が完了し、アフターケアもないようなクリニックには要注意。一気に大量の脂肪注入を行った場合、バストに馴染まない脂肪が壊死を起こしてしまうケースもあるからです。一度の施術だけで理想のバストを手に入れられるクリニックは非常に魅力的ですよね。しかし乱暴な脂肪注入にはリスクがつきもの。クリニックの事前カウンセリングでは、施術内容やアフターケアについてよく確認しておきましょう。