シリコンバック挿入術のメリット

痩せ型の人でもバストアップできる

バストにシリコンバッグを入れてバストアップする、シリコンバッグ挿入術は大きなバストを手に入れられるというメリットが注目されがちです。確かにこの豊胸手術であれば、3カップ以上のバストアップも可能ですが、他にもメリットは存在しています。例えば、痩せ型の人でも確実にバストアップできるという点も、シリコンバッグ挿入術のメリットです。 痩せ型という人の場合、脂肪注入法ではバストアップに必要な量の脂肪が採取できず、施術を受けてもさほどバストが大きくならいリスクがあります。プチ整形のヒアルロン酸注射による豊胸手術も、注入できるヒアルロン酸の量が限られているため、1カップから1.5カップ程度のバストアップが目安となります。シリコンバッグ挿入術の場合、バストに入れるシリコンのサイズを選べるので、痩せている人も大幅にバストアップできるのです。

半永久的にバストの大きさをキープできる

シリコンバッグ挿入法で使用するシリコンバッグは、体内に入れても吸収されない素材で作られています。ですので1度、手術を受けたら基本的には半永久的にバストのサイズをキープすることが可能です。脂肪注入法やヒアルロン酸注射での豊胸手術の場合、術後のバストのサイズをキープすることはできません。 脂肪注入法の場合は定着した脂肪の量でサイズが変わります。また、ダイエットをするとバストも自然と小さくなるようです。ヒアルロン酸注射は、身体に吸収されるヒアルロン酸を使うため持続期間は約半年から1年程度です。時間が経過しても理想的なバストのサイズを維持できるというのは、バストにコンプレックスを感じている人にとって、大きなメリットとなるのではないでしょうか。